サイトマップ
トップページ >> 自己破産 >> 自己破産のデメリット
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
[PR]借金解決・債務整理ガイド
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
借金解決・債務整理ガイド

自己破産のデメリット


多重債務 解決 官報に掲載される


政府が発行している官報という機関紙には破産者の「氏名・住所・破産手続きをした日時・裁判所など」が記載されます。
この官報は特殊なものなので、一般の人が見ることは殆どありません(誰でも見ることは可能です)ので、自己破産したことが知人や会社にバレることはまずありません。
しかし問題なのは、この官報を利用してヤミ金業者がDMなどを送りつけてくることです。
自己破産したひとは、普通の貸金業者からお金を借りることができなくなる為、ヤミ金業者が勧誘してくるのです。



多重債務 解決 ブラックリストに掲載


実際にはブラックリストというものは存在しません。
これは信用情報機関に事故情報として記録されることを意味します。
信用情報機関に事故情報として記録されてしまうと、5〜7年は新たなカードの発行や借入れ、銀行からの融資も受けられなくなります。
いざという時にカードが無いと不便で、ETCカードも作れなくて割引や便利なサービスが受けられないなど、非常に不便さを感じることになるでしょう。



多重債務 解決 一定の財産を失う


自己破産制度は、債務者の必要最低限の生活費・財産以外は全て換価し、債権者に配当する制度ですので不動産などの換価するほどの財産は手放さなくてはなりません。
新しい生活を送るための自己破産ですから、すべてのものを手放す必要はありません。



多重債務 解決 その他


連帯保証人に迷惑がかかる、住所の移転と旅行の制限、職業や資格の制限を受ける、破産管財人によって郵便物が管理されるなどがあります。
しかし莫大な借金が無くなり、精神的にも金銭的にも楽になるなら、迷う必要はないでしょう。



アヴァンス法務事務所