サイトマップ
トップページ >> 過払い返還請求 >> 過払い金返還請求Q&A
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
[PR]借金解決・債務整理ガイド
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
借金解決・債務整理ガイド

過払い金返還請求Q&A


Q. 過払い返還請求をするとブラックリストに載りますか?


A. 返済途中の人や、完済していても解約していない人は、信用情報機関に『契約見直し』という情報が登録されていましたが、平成22年4月19日から『契約見直し』という項目の情報提供をやめたため、情報収集廃止や登録情報破棄することになりました。
従ってブラックリストに乗ることはなくなりましたので、借り換えや一本化、または完済してる人の解約等しなくても、安心して過払い金返還請求できます。



Q. 過払い返還請求に時効はあるのですか?


A. 過払い返還請求には事項があります。
最終取引日の翌日から10年を過ぎると、過払い金返還請求できる権利がなくなりますので、長期間の返済、またはグレーゾーン金利での返済をしていた人は、過払い金が発生していないか早めに確認して、払い過ぎたお金を取り戻しましょう。



Q. 自分で過払い金返還請求して裁判をせずに取り戻すことはできますか?


A. 個人での過払い金返還請求で裁判前に和解するということは難しいでしょう。
貸金業者が裁判前に和解に応じることはありません。
個人で過払い金返還請求を行う場合、裁判前に行う請求書の送付などは、裁判の為の証拠作りだと思っていたほうが無難です。

裁判をせずに和解したいなら、弁護士や司法書士といった専門家に依頼して、交渉してもらうのが良いと思います



Q. 弁護士・司法書士に頼まないと過払い返還請求はできないのですか?


A. 弁護士・司法書士に頼まなくても過払い返還請求は出来ます。
個人では貸金業者がなかなか対応してくれないケースも多いようですが、不可能ではありませんし、費用も安くすみます。
弁護士・司法書士に依頼するのと比べたら時間がかかったり、裁判になったら平日に仕事を休まなければならなかったりしますので、専門家に依頼する人は多いようです。

弁護士・司法書士に頼めば裁判をせずに和解できる可能性も高いです。



Q. 弁護士・司法書士に依頼した場合の費用は?


A. 弁護士・司法書士に依頼した場合にはじぶんで過払い金返還請求する際の費用以外に、着手金・成功報酬という費用がかかります。
具体的な金額は、事務所(弁護士・司法書士)によって変わりますので、相談の際に確認しておきましょう。

【金額の目安】
着手金=貸金業者1社あたり2〜3万円
成功報酬=返還される過払い金額の10〜20%
成功報酬は少し高めですが、返還されてかてから支払えばいいので、問題はないでしょう。



Q. 取引履歴の一部が開示されないのですが?


A. 貸金業者との取引が長ければ、一部(3年〜10年)しか開示されない場合があります。
一部の取引履歴しか開示してもらえない場合、まずは監督庁に行政指導をしてもらうように上申します。
しかし行政指導があっても一切開示をしないところもありますし、既に10年間の取引履歴が開示されているような場合は監督庁も行政指導をしません。
どうしても全ての取引履歴しか開示されない場合は、訴訟を提訴したり、推定計算や残高無視計算という方法で引き直し計算を行い、請求を行いましょう。



アヴァンス法務事務所