サイトマップ
トップページ >> 任意整理 >> 任意整理のデメリット
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
[PR]借金解決・債務整理ガイド
[PR]多重債務問題の解説。相談掲示板など。
借金解決・債務整理ガイド

任意整理のデメリット


多重債務 解決 ブラックリストに掲載される。


任意整理に限らずどの債務整理を行っても同じですが、信用情報機関に事故情報として記録されます。
事故情報として記録されると5〜7年間は新しくキャッシング会社を利用したり、クレジットカードを持つことが困難になります。


多重債務 解決 債権者と和解できない場合もある。


裁判所等の公的機関を利用せず、弁護士や司法書士との交渉になるため強制力がありません。
特に近年の債務整理(過払い金返還請求などによる)で貸金業者の資金面が厳しくなり、クビを縦に振る業者ばかりではなく、思ったような和解ができないことがあります。
そうなると別の債務整理の方法を考えなければなりません。


多重債務 解決 弁護士・司法書士への費用が発生します。


『着手金』と『成功報酬』が必要になりますが、金額は定まっておらず、事務所(弁護士・司法書士)ごとに決めています。
分割払いに対応してくれる事務所(弁護士・司法書士)もありますが、費用総額がそこそこな金額になるので、デメリットと言えるでしょう。


アヴァンス法務事務所